腸脛靭帯炎の治し方 / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

腸脛靭帯炎は膝の外側が痛くなる症状

ランナーズニー、ランナー膝とも言われております。

 

外側のひざの痛みがでるという事は

なるべく外側(腸脛靭帯)に負担がかからないようにしないといけません。

 

そこに負担をかける原因としては

足指の問題

足首の問題

膝のねじれ

股関節の問題

上半身の問題

腕の振りの問題

 

などがあげられると思います。

 

これらを一つ一つチェックして

問題のある部分の使い方

筋力低下が起こっていないかをみます。

 

そのう上で、

ストレッチが必要なのか?

筋トレが必要なのか?

 

ネットでいろいろ書かれていますが

一般論をお伝えしても

あまり意味がないと思っていますので

 

あなたにあったトレーニング&ストレッチ法をお伝えいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください