膝の痛みでほぐしても改善しないのは「筋力低下」によるもの 埼玉県川越市

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝を気にせず ゴルフ 旅行 趣味を楽しむために!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「膝の痛みでほぐしても改善しないのは「筋力低下」によるもの 」について

 

膝の痛みには色々ありますが

 

ほぐしてすぐに楽になる方もいれば

ほぐしてもその時だけ、歩いて帰るころには痛み出している方なども多くいます。

 

 

その違いは何かというと

一つは筋力低下があげられます。

 

ほぐして楽になるのは、単純にその筋肉が硬くなっているのが

原因なので柔らかくしたりストレッチをすれば痛みは改善されます。

 

が、そうでない場合は

そうでない場合が多いような気がしますが。。。

 

ある筋力の筋力低下が低下することで

関節を上手く支えきれなくなり

他の筋肉に負担がかかってり

弱い筋肉とは別の筋肉硬くなっているのです。

 

なので、ほぐしたところで

弱い筋肉が強くなったわけではないので

負担はかかったままです。

 

ただ、硬くなったものを

少しほぐされたので

一瞬楽になったような気がしますが

動けば動くほど膝に負担はかかるので痛くなります

 

 

ただ、注意していただきたいのですが

 

脚の筋力を付けましょう!と

ももの前やボールを股で挟んでするトレーニングは

正直効きません。。。

 

私も今の知識を得るまでは

整形や整骨院では常識のように指導していたので

何にも疑わすに指導していましたが

ほとんどと言ってもいいくらい改善は見られませんでした。。。

 

むしろ、ももの前は鍛えすぎると

膝が痛くなる可能性があるので

あまりお勧めは致しません。

 

なので、整形や整骨院をいろいろ通ってみて

改善が見られないようでしたら

一度当店でのトレーニングをお勧めします。

 

現在は初回キャンペーンをしておりますので

お気軽にご相談、ご連絡いただければと思います。

 

 

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください