なぜ膝の痛みに電気が効かないのか 埼玉川越

膝の痛み筋トレ改善!

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「なぜ膝の痛みに電気が効かないのか」について

 

整骨院や整形外科などに行くと、電気を膝などにあてるのですが

そもそも電気をあてる意味とはなんでしょうか?

 

電気治療にもいろいろあるのですが

椅子に腰をかけて電気をかけられるのは

低周波治療といって、低周波の電気を流すのですが

 

効果的には、筋肉を動かすことで

 

筋肉を緩める、

血液循環をよくする

痛みのの緩和

 

などが主な効果となるようです。

 

手や道具を使って筋肉をほぐすことを

電気が代わりに行ってくれるようなイメージですね。

 

ただ、言えるのは

どの筋肉を緩めるか!?がかなりポイントになりそうです。

 

 

狙った筋肉に対してうまく電気を当てられれば

効果がありそうですが

 

実際のところはどうでしょうか?

電気で効果を感じることができる人は少ないのではないでしょうか?

 

 

では、なぜ効果が出ないのか?

 

いろいろな理由があると思いますが

私が思うに

 

・電気で改善しようと思っていない

 または改善できると思っていない。。

・他の目的がある。

・狙う筋肉の場所がわかっていない。

 

などが考えられます。

 

ただ、少しでも効果を出そうと思って電気をかけるなら

緩めたい筋肉に対して使うべきだと思うのですが

 

その緩めたい筋肉が間違っているとしたら・・・

 

電気だけでなく、その後の施術なでも

大きく結果が変わってきます。

 

膝が痛い=どこどこの筋肉

と経験則から行うかたほど気をつけたほうが良いですね。

 

痛みの原因は、十人十色です。

ある程度の方向性というか原因は

同じような場合がありますが

 

こればかりはやってみないと分かりません。

なので検査などである程度目星をつけるのですが。。。

 

私の経験上どこに行っても良くならない方は

かなりの確率で上半身に問題があります。

 

あなたは、膝の痛みでまだ上半身を検査されていないなら

改善する可能性はあります。

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください