半月板損傷で山登り / 埼玉川越 

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

現在、半月板損傷の状態で山の登りをされている方が通われております。

 

山は月に1~2度は登っており(3000m級なども登るそうです)

下りの時に膝が痛むそうです。

 

下山後は膝がパンパンに張り痛いので、病院に行って注射などをしてもらっているそうです。

 

 

それでも膝の痛みが消えるのは1週間以上かかるとの事です。。。

 

そのような状態で来られたのですが

 

調べていくと、

お尻の筋肉が弱い、

足の指の力が弱い

上半身(左)が上手く使えていない

股関節が使えていない

 

など色々と。。。

逆に色々あるのて負担がかかって痛みが出ているのですが。

 

現在までに6回ほどトレーニングを受けて頂き

 

下山時の痛みはまだあるそうなんですが

 

痛みからの回復スピードが上がってきたとの事です!

 

 

以前なら酷いと、膝の痛みが治るのに一週間以上かかっていたのに

前回は、3000m級でハードな山だったのにも関わらず

3日目には良くなっていたそうです。

 

 

また下山途中に

ももの内側の筋肉がつりそうになったと仰っていました。

 

ももの外側だけでなく、内側の筋肉も使うようになってきた証拠です。

 

 

 

山登りではありませんが

一歩一歩確実に改善はしている感じです。

 

目標に向かって頑張っていきましょう!!

しっかりとサポートさせて頂きます!!

 

 

 

では

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください