重心が偏りすぎると膝痛になる 埼玉川越  

膝の痛み筋トレ改善!

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

今回は「重心が偏りすぎるとひざ痛になる」について

重心?と言われるとよくわからないと思いますが

 

両足で立った時に

足の裏のどこに体重がかかっているか

 

かかとの内側なのか

つま先の内側なのか

かかとで外側なのか

つま先で小指側なのか

 

と言っても、よくわからない方もいると思まいます

また、意識することで重心が変わってしまう事もあるので

自分の重心はどこにあるのかなぁ 程度でよいと思います。

 

またその重心と骨盤の傾きによって

脚の使う筋肉が違ってきます。

そうすると左右差ができるので

骨盤が傾いたりします。

 

 

ここは、脚の筋力の左右差があるので膝に影響を及ぼすのか

脚の筋力の左右差によって骨盤が傾き、膝に影響を及ぼすのか

 

そのあたりは正直分かりませんが

 

要は、脚の筋力の左右差がある=偏った使い方が問題だという事。

 

 

普段の生活では、そんなこと全く感じないのですが

 

トレーニングなどをすると、

 

やりやすい方

やりにくい方

筋力が入る方

筋力入らない方

 

などあります。

 

 

そういった筋肉をチェックしながら

トレーニングでバランスを取っていきます。

 

バランスがとれれば、

 

重心の位置

骨盤の傾き

 

も変わりますので

 

膝だけに負担がかかるような事はなくなります。

 

なので、ひざ痛を改善しようと思ったら

体全体をみながらトレーニングで

弱い筋肉を鍛えるべきなんです。

 

ただ、硬くなっている筋肉をほぐして

一か所だけ調整したところで

またすぐ元に戻るのがわかりますよね!

 

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください