膝の関節が痛むのは? 埼玉県川越市

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「膝の関節が痛むには?」について。

膝の関節には色々な筋肉が付いています。

 

ざっくりですが

・膝を関節を守る筋肉

・膝を関節を動かす筋肉

があります。

 

この守る筋肉動かす筋肉

のバランスが悪くなることで関節に痛みが出ます。

例えば、

 

・膝を守る筋肉100 VS 膝を動かす筋肉100

なら痛みは出ません。

 

・膝を守る筋肉100 VS 膝を動かす筋肉120

になると守る力以上の力で動こうとするので

関節がズレたりして痛みがでます。

また、靱帯や軟骨に負担がかかり損傷する事もあります。

 

そうすると、安静にしなければいけないので

守る筋肉100 VS 動く筋肉 100

となり痛みはでません。

 

この時にシップや注射をすると、

あたかもシップや注射で治っているような錯覚をおこしますが

単に休んでいれば治っていること多もあります。

 

 

ここで気をつけなければいけないのが

痛みがある時=炎症が起きている時

痛んでいる筋肉は筋力低下を起こします。

 

という事は、安静にしているとすると

膝を守る筋肉 90 VS 膝を動く筋肉 100

となってしまい、動くとすぐに痛くなる可能性もあるので注意してください。

 

なので痛みが引いた後は、できるだけゆっくりと動いてあげながら確認した方が良いです。

いわゆるリハビリ期間ですね!

しっかりと守る筋肉を鍛えてあげた方が良いです

 

間違っても膝を動かす筋肉を鍛えないように!

筋力差が開きバランスを崩す一方ですよ!!

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください