歩き方がおかしいと、膝も腰も痛くなる! 埼玉県川越市 

自分の体自分で治す!!

マッサージや電気治療で治らない膝の痛みには

きんとれが

関節を整えるトレーニング根本改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないと諦めていませんか?

 

埼玉県川越市で膝の水による痛み変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「 歩き方がおかしいと膝も腰も痛くなる 」について。

 

最近、当店に通われている60代の女性。

腰椎すべり症で、腰が痛く手術を勧められているそうです。

旦那様に誘われて当店に来られました。

 

さっそく、姿勢を見せて頂くと

でっちりでお腹が出てる…

(下右図→)

 

 

良い姿勢を意識するあまり、少し反り腰になっていました。

それは腰に負担がくるでしょう。。。

また、歩き方を見せて頂くと一直線を歩いている。。。

 

膝も内側に入り、XO脚。

 

外反母趾もあり、腰に負担が来るのは仕方ないですね。。。

 

最近は近くのコンビニに行くのも

歩くのがしんどいので、車を使いたいくらいとおっしゃっていました。

何とか力になりたいですよね!!!

 

 

まずは腰痛を何とかしないと

その先に進めないので

弱い筋肉をチェックして

股関節周り、足首周りのトレーニング!!

 

トレーニングは行えばすぐに身体や痛みの変化が出るので

効果があるかどうか分かりやすいのが利点です。

 

腰回りが少し軽くなって良くなった!

とのことでした。

 

 

この状態を維持するためにも

腰に負担のかからない歩き方を学んで頂かなければなりません。

 

ちなみに、通っている整形外科では、

腰が悪いからつま先から着くように指示があったみたいです。。。

 

膝は痛くないですか?

 

と聞くと

 

やはり痛たいみたいです。

*着地は、つま先orかかと で意見が分かれますが

私は基本的にかかとからが良いと思っています。

 

ただ、つま先から着地していても

何ら症状などが出ていなければあまり気にしません。

 

が、今回の場合、明らかに膝が痛くなっているので

かかとからに変えた方が良いと判断しました。

 

 

まずはじめに、初級として私が勧める歩き方のポイントは3つ

・2直線上を歩く

・かかとから着いて歩く

・いつもより5cm上を見ながら歩く

 

です。

ここで多くの方が

2直線上を歩くことに抵抗があります。

「がに股」になっていないか??

 

なので、鏡の前で歩いていただいたり

私がその歩き方をすることで納得して頂きます。

 

そして、理論的にも少し説明をさせて頂きます。

 

いつもする説明なのですが

竹馬をイメージしてください!

上の図のように

安定して立とうと思うなら、女の子のように

竹馬の幅は股関節の幅くらいになります。

 

逆に、不安定なのは男の子のように

竹馬の間隔が狭い立ち方。

 

この図をみればよく分かるのですが

いざ自分に置き換えると、なかなか理解が難しくなります(笑)

 

もうお分かりかと思いますが

 

安定して歩こうと思ったら、

竹馬の幅は股関節幅は必要です。

ちょうど2直線上をあるく形になります。

 

不安定にあること思ったら

竹馬の幅は狭く、1直線上を歩けばよいです。

 

 

多くの方は、1直線上を歩く歩き方をしています。

ファッションショーの影響でしょうか?

雑誌などの歩き方特集の影響でしょうか??

 

かかとの外側がすり減っていて

膝や腰が痛くなっているのであれば

上手く歩けていませんので、2直線上を歩く事をお勧めします。

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください