スポーツをしている時の膝の痛み 埼玉川越

膝の痛み筋トレ改善!

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「スポーツをしているときの膝の痛み」について

 

スポーツを行っているときに痛む膝は

外傷などを除いてほとんどの場合が膝に負担をかけているのが原因だと思います。

 

膝でリズムを取ったり、屈伸などで膝を曲げて

という膝を中心に動かすことが多いので

膝に負担のかかかる動きになる。

 

膝に負担がかかる=太ももの前の筋肉に負担がかかるので

太ももの前の筋肉がよく筋肉痛になる人は気を付けてください!

 

また、最近は和式の便器が少なくなったせいなのか?

正座をしなくなったせいなのか

 

足首が硬い人が多くなりました。

足首が硬いと太ももの前に負担がかかりやすいので

これも注意が必要です。

 

では

膝があまり痛くならない人の特徴は

股関節をより使っている人=お尻が大きい人です。

 

単に骨盤が大きくてお尻が大きいのはだめですよ!

しっかりと筋肉がついていてプリッとしている人のことです。

 

また、股関節から動かすので

ダンスなどでは大きなしなやかな動きに見えると思います。

膝を使っている人は硬くて小さな動きです。

 

 

普段から股関節を意識するためには

スクワットや、立ったままお尻を鍛えるトレーニングで

しっかりと股関節を曲げることです。

 

そうすると

スクワットをしても太ももの前が一番効くことはないです

お尻~太ももの裏、内転筋、足の付け根あたりに効いてきますので

そのあたりをしっかりと効かせられるようにしましょう!

 

ただ、これを文章で書くのは大変なので

体験してもらうのが一番です。

 

スポーツなどを長く続けたいのであれば

膝が悲鳴を上げる前に早めに

股関節の動きを覚えましょう!!

では

 

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください