足を伸ばして座った時に、床と膝の裏に隙間が空いてますか? /  埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みをを改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です

 

 

先日、テレビの「健康カプセル 元気の時間」で

膝の事を特集していたそうです。

 

会員さまから聞いて初めてしったのですが

 

膝の裏が硬くなると、体のゆがみにつながり不調の原因になる!

との事でした。

 

チェック方法としては

長座をした時に、床と膝の裏にどれくらい隙間があるか?

という事で判断するみたいです。

 

写真の←部分です

 

リモコンやペットボトルが入る程隙間があるといけないそうで

2cm程ならOKという内容だったそうです!

 

なので、その場で覚えていた体操をして頂きました。

 

その後、膝の感じはどうですか?

何か伸びるような感じや変化はありますか?

 

と聞くと、毎日やらないと変化でないんでしょう

 

とおっしゃるので

テレビで見たやり方は、正直正しい方法が分からないので

私のやり方でやりますねーと

少し悪い顔をしていたかもしれません(笑)

 

 

あるトレーニングをして頂いたら

 

あら?凄く自然に足が伸びてる!!!

さっきよりも足が伸びて隙間が無い!!!

 

と効果を実感して頂きました。

 

 

間違った認識をされている方が多いのですが

 

筋肉にキチンと刺激を入れれば

その場で効果が現れます!

 

効果が現れなければ

やり方が違う

負荷がたりない

そもそも効果が無い事

 

のどれかです。

 

なので、毎日続けなければ効果ないですよね?

 

というのは

半分あっていますが、半分間違ってます。

 

効果があることを毎日行ってください。

 

少しでも効果が感じられないものは

何かが間違っている可能性が高いので

続けてもあまり意味が無いのかもしれません。

 

 

ただ、続ける事で見えてくることもありますが

今回のケースは違うと思います。

キチンと効果が出ることを行ってください!!

 

 

それでも続けてやってみたいと思ったら

体に詳しい方に聞いてみてください!

 

 

では

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください