外反母趾による膝の痛み 埼玉川越

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

「え?!」 膝が痛いのは 腕が原因だったんですか?


あなたのなかなか治らない膝は、

上半身の疲れが原因かも?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

ほとんどの方が「え?!」と驚きます。

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回は「外反母趾による膝の痛み」について

 

そもそも、なぜ外反母趾になるのか?

という事をはじめに説明した方が良いかもしれません。

 

といっても、簡単な説明しかできませんが

外反母趾は、基本的に足の指をしっかりと使っていないことによってなります。

 

よく靴が原因でなる!と言われておりますが

実際は足の指をしっかりと動かし、使っていればなりません。

 

  1. では、しっかりと足の指を使っていないと言うことは、どういう事かというと、

足の裏(指)の付け根あたりで体重を支えているという事になります。

 

 

その状態が長く続くと

足の指が曲がって浮いてくるようになります。

ハンマートゥと呼ばれる足になります。

 

また、体重をかけられる部分は、そもそもそんなに体重に耐えられる設計ではなかったので体が壊れないように、硬くなって耐えようとします。

その反応の一つが、タコや魚の目なんです。

 

なので、魚の目やタコはいくら処理してまた出てくるという経験ないですか?

根本的に改善しようと思ったら、そこに体重をかけないようにしさとなければなりません

 

 

それでもなお、その状態が続くと

だんだん足の指の根本が広がっていきます

足の甲が広がる感じです..

 

そうなると、

足の親指は内側に向かい、小指も内側に向かい、外反母趾、内反小趾になります。

 

そうなると、足のサスペンション機能が働かないので、この分の衝撃を膝で受けることになります。

 

そして、結果膝が痛くなってしまいます。

 

なので、外反母趾がある方は膝が痛くなりやすいので注意してください❗

 

また、すでに外反母趾で膝が痛い方は足の指を鍛えて下さい!

 

グー、チョキ、パーでも構いませんので❗

 

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください