膝が痛くならない歩き方2 / 埼玉川越

 

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

前回に引き続き、もう少し詳しい歩き方を。

前回は歩き方の足幅に関して意識してみてください!

という事でしたが

 

今回は体重移動や姿勢に関すること。

ただ、これは痛みが出ている方にはちょっと難しいかもしれませんので、

痛みがない状態で、予防したい、美脚になりたい

というスタンスの方がみていただければと思います。

 

あなたは「歩るいてください!」と言うと

下の写真のような、”もも”をあげるイメージしませんでしか?

もちろん私も昔はそうでした。。。

が、ももを上げる時よりも

そのあとの足の動きの方が重要なんです!

 

全ての流れを文章だけでは説明しきれないので

ポイントだけ説明させて頂くと

 

出した前足にしっかりと体重をのせる

後ろの足は真っ直ぐ伸ばした状態

になっているかどうか。

 

 

下の写真のように(ちょっと前足に体重が乗る前の写真ですが…)
前足と後ろ足で直角三角形が作れているかという点が凄く重要!

このような歩き方になると

お尻、内もも、足の指が

使われるので自然に歩くだけでもスタイルが良くなります!

 

逆に、この歩き方が出来ていないと

  • 前ももが太くなる
  • 膝を曲げて歩いているので老けてみえる
  • 膝に負担がかかる
  • 股関節痛になる可能性がある

 

など、せっかく体のためにウォーキングしているのに

メリットが少なく、デメリットの多いものになってしまいます。

凄くもったいないですよね。

 

しっかりと、体に良い効果が出るように

効率よくいきたいですよね!!

 

現在膝が痛い方は、まずは前の記事の足幅を意識してみましょう!

そしてゆとりがあれば今回の歩き方を少し試してみてください。

 

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください