靴の外側が減っていると膝、腰は要注意! / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今日は、靴について!

皆さん何気なく履かれている靴。

じっくりかかとを見たことがありますか?

 

私もこの業界に入るまでは気にしたことが無かったです(汗)

かかとの外側が極端にすり減っている方、いらっしゃいますよね?

 

特にヒールのような靴は揃えた時に傾いてしまうので

分かりやすいのではないでしょうか?

 

写真のようなヒールはちょっと極端ですが

ヒール部分の面積がもう少し広い物でも

傾きやすくなっていると思いますので

 

これを機会に一度

自分の靴のかかと部分がどうなっているか見てみてください。

 

では、なぜ外側がすり減っていると

膝や腰を注意しなければいけないのか

簡単に説明しますと

 

足の小指側に体重がかかっている可能性が高いです

足の親指側が使われていない可能性がある
=外反母趾になっている

脚の内側の筋肉が使われず、外側の筋肉が使われる

ももの外側が張ってくる

脚が外に引っ張られてくる

O脚になる

膝の内側に負担がくる

 

という感じです。

その後、股関節、腰、肩、首へと影響が出てきます

 

なので、

膝が痛い

腰が痛い(ぎっくり腰を繰り返す)

背中が重い

肩が凝っている

首が凝っている

頭痛がある

なども、もしかしたら脚からきている可能性はあります。。。

 

なので、心当たりがある方へのアドバイスとしては

 

〇 歩き方を学ぶ

〇 靴を買い替える

 

です。

 

よく靴は勿体ないので、ソールだけ変えても良いですか?

と聞かれますが

 

個人的にはノーです。

 

かかと部分や全体的に底部分がそうなっているという事は

上の革の部分などは、それに伴い歪んでいます。

革靴ならしわの入り方が分かりやすいかもです。

 

歪んでしまった靴を履いているだけで

履くたびに歪む方向へ矯正しているようなものです。

 

せっかく、どこかで施術を受け

受けた時は膝が調子が良いのに

帰って家に着くころにはまた膝が痛い・・・

 

よく聞く話ですが

これは歩き方が悪い可能性大です。

 

勿体ないですよね。

 

 

そうならないためにも

靴はかかとがあまりすり減っていない物

歩き方を学ぶ

筋トレをする

 

をしっかりとしましょう!

 

では

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください