スクワットで腰が丸まってしまう / 埼玉川越

 

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

前回スクワットの膝に負担が少ない方法を紹介しました。
→ スクワットで膝に負担をかけない

今回は、前回の方法でもやっぱりスクワットをすると

膝付近に負担がかかる方のためにもう少しお話を!

 

前回は、トイレの便座に立ったり、座ったりする方法が

股関節を意識するので、膝に負担がすくない状態でスクワット出来る

とお伝えしました。

 

 

今回は、それでもやっぱり膝付近に力が入ってしまう方はどうすれば良いのか??

 

こういった方は股関節周りが上手く使えないので

スクワットは行わない方が良いと思います。

 

 

やればやるほど膝付近やももの前に負担をかけるので

ももの前か横だけがたくましく太くなってしまいます。

 

 

気にしないのであれば良いのですが、綺麗な脚からほど遠くなってしまいます。。。

 

 

女性であればパンツを履いた時に、

もも前がパンツパツンに張ってしまう状態。。。

 

おそらく多くの方は望んでいないと思います。

 

 

そういった方は、スクワットではなく

何をやれば良いかとお尻の筋肉を鍛えた方が良いですね!

お尻を鍛えてしっかりと股関節をサポートしてあげましょう!!

 

 

クラム」という横になって膝を開いたり閉じだりする動画を

ユーチューブで検索することが出来ると思います。

 

 

ただ、お尻の筋肉を鍛える。意識をもたせるのに

このクラムは良いのですが

 

実際の使えるように体に落とし込んでいくには

立って行う筋トレもしないといけません。。。

 

 

しかし、この立って行うトレーニングは実際にその人のフォームを見てみない事には

うまく説明出来ないので、お近くのトレーナーさんに聞いてみてください。

 

 

お尻やってます!!

でも、お尻をやっている感覚がありません・・・という方は

正直一人でトレーニングするのは難しいと思います。

 

感覚だけの問題なのか?

そもそもお尻が使える状態になっていないのか?

 

で行う事が変わってきますので。

 

お尻のトレーニングは

 

ヒップアップ

美脚

 

にもつながりますので興味がある方は頑張ってみてください!!

 

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください