膝を曲げて痛い時、膝とつま先の向きはそろえる / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みをを改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です

 

しゃがむ動作などの時に

膝の向きとつま先の向きがずれている方がいらっしゃいます。

 

 

スクワットなどでゆっくりした動作で意識していれば

そんなにズレないのですが

(これでもズレている人は、かなり意識しましょう)

 

少し早い動作でスクワットをしてもらうと

段々ズレてくる方がいらっしゃいます。

 

 

早い動きをさせると、いつもの癖がでますね。

 

ほとんどの方が内側に膝が入ってしまうタイプの方が多いですね

 

早い動作になっても、なるべく出ないようにしていかなければ

根本改善にはなりません。

 

なので

 

お尻の筋肉が弱いのか?

内転筋が弱いのか?

脚の裏の筋肉が弱いのか?

足首の筋肉がよわいのか?

 

トレーニングをしながらチェックしていきます。

 

チェックして分かったら

あとは自主トレ含めトレーニングを頑張るしかないです。

 

 

あくまで、弱い筋肉を見つけて、

鍛えればこうなりますよ!!

という変化はお見せすることが出来るんですが

 

筋力を上げようと思うなら

まずは、こまめにトレーニングして神経を鍛え

しっかりと刺激を入れていかなければいけません。

 

なので、自主トレは必要になってきます。

 

この時、痛みがある場合もトレーニングするんですか?

と質問されることがありますが

 

トレーニング中に痛ければ中止

トレーニング中はあまり響かなければOK

 

でまずは様子を見てくださいと伝えています。

 

ただ、トレーニングでチェックしてからの

宿題をお願いするので、痛みはほとんど出ないと思いますが。。。

 

ただ、やり方が間違っていると出る場合も!

 

しっかりと自分の脚で歩くために

ガンバっていきましょう!

 

では

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください