階段を登る時の膝痛には / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

階段を登る時に膝が痛むのであれば

 

 

試して頂きたいのですが

 

まず1冊の本を用意して頂く!

そして、その本を頭の上に置いたまま階段を登る・・・

 

ことは多分出来ないので

 

まずは、平坦な場所で頭の上に本を置き、

落ちないようにしてみて下さい。

 

じっと止まっていて結構です。

 

 

そうすると、頭の上の本を落とさないように

姿勢を良くしようとしませんか??

 

 

その時の感覚を覚えて頂きたいのです。

 

 

 

実際は、本は乗せてませんが

乗せているような姿勢の良い状態で

階段を登ってみてください。

 

いつもより少し楽な感じがしませんか?

 

 

どうしても本を置く感覚がもてないようであれば

 

上から頭のてっぺんを紐でつるされている感覚でも構いません。

 

 

姿勢を良くし、頭に意識を持っていって欲しいのです。

 

その感覚のまま階段を登ってみて下さい!

 

変化があれば、その分だけ上半身が影響しているという事です!

 

 

例えば、

姿勢関係なしで階段を登った時の膝の痛みを10段階の10とし

 

姿勢を意識して階段を登った時の膝の痛みが4であれば

6痛みが減ったことになります。

 

この6が上半身の姿勢からの影響だという事です。

 

 

なので、姿勢の改善をしなければ

今の痛みが4には減らないので、

 

姿勢改善のトレーニングやストレッチなどを行っていかなければなりません。

 

姿勢を良くするやり方が分からないのであれば

先ほど行った?上から頭のてっぺんを

紐でつるされている感じで良いです!

 

 

立っている時、座っている時

 

歩いている時に思い出して行ってみてください!

 

 

徐々に思い出す回数が増えればOKです!

 

 

ただし、初め階段などは危ないので、


・登りなれた階段で行うこと

・手すりに軽くつかまりながら行うこと

 

を守ってくださいね。

 

 

では

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください