膝の負担を減らすためのダイエットで気を付ける事 / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みをを改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

 

今回は、膝の負担を減らすためのダイエットで

気を付けなればならない事について!

 

特に40代後半~50代前半の方には関係ある方が多いかと思いますが

 

それは更年期症状との関係です。

 

 

更年期障害は

卵巣が女性ホルモン(エストロゲン)を作れなくなってくることにより

ホルモンバランスが崩れおきる症状です。

 

今まであったものが無くなるので

さぁ大変・・・という事で

それに対応できない方が症状として出てしまうんです。

 

しかし、人間は良く出来ており

卵巣が作られなくなった分、他で作ってサポートしましょう!

という働きがあります。

 

ちなみにこのエストロゲンは、

アンドロゲン(男性ホルモン)やコレステロールを原料に作られます。

アンドロゲンも実はコレステロールを原料に作られます

 

という事はホルモンをつくる原料として

コレステロールがとても必要という事がわかりますよね?

 

 

そのコレステロールは、ブドウ糖や中性脂肪を材料

に作られるので、ブドウ糖と中性脂肪はある程度無いと大変です。

 

 

また、卵巣以外でエストロゲンをつくるためには

副腎と脂肪が重要な働きをします。

 

 

ということは、

材料としても

作る過程としても

 

脂肪はある程度必要

 

になるという事です。

 

なので、糖質制限や体脂肪を減らしすぎたり

していると更年期症状が酷くなる可能性は高いです。

 

そういった意味でも無理なダイエットは控えてください!

 

では

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください