膝の内側の痛みにつ / 膝の板には

なかなか改善しない膝痛は
下半身でけでなく上半身もチェックが必要
関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております
パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今日は膝の内側の痛みについて

 

膝の内側に痛みがある方の特徴として

 

いくつか原因はあると思いますが

 

親指で踏ん張りすぎる方

外反母趾の方

O脚の方

 

に比較的多い感じがします。

 

親指にぐっと力が入る、力を入れる方は

内側の筋肉を使いすぎるために負担がくるので痛みが出る場合が多いです。

 

外反母趾の方は、足の指をうまく使えていません。
それにより足の裏でショックを吸収することができず、膝に負担がかかります。

 

負担がO脚の方は、外側に体重がかかるのですが、

その分内側の関節にストレスがかかってしまい痛くなります。

 

 

変形性膝関節症の方は、外反母趾でO脚の方が比較的多くみられと思います。

 

いずれにせよ、内側にストレスがかかっているのが原因なので

そのストレスを軽減する方向にもっていってあげれば痛みは改善します。

 

なのに、サポーターや膝周辺の電気やマッサージだけでは

膝周辺の疲労がとれ軽くなって良いのですが、

また同じように負担をかけてしまうと、すぐに痛くなってしまいます。

 

本当に膝痛からの改善を目指すのであれば

筋トレは必要だと思います。

 

興味があれば体験を受けてみてください!

では

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください