膝にかかる負担を考えるなら筋トレが必要 / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みをを改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

膝にかかる負担について

 

一般的には

 

歩いている時は体重の2~3倍

走っている時は体重の4~5倍

とも言われております。

 

膝に物凄く負担がかかりますね。。。

 

ただでさえ負担がかかる関節なのに

体重が増えてしまっていては

さらに負担が増えていますよね!!

 

歩いている時でさえ

1kg増えただけでも2~3kg膝に負担がかかります

10kg増えたら20~30kg膝に負担がかかります。。。

 

なので、膝の痛みを改善しようと思ったら

 

多くなった体重を減らす

筋トレで膝を支える筋肉をつける

ことが必要です。

 

 

なので、よくお医者さんなどで指示があるのは

 

プールでウォーキングしましょう!

食事制限しましょう!

という話になると思います。

 

が、プールで膝の負担を減らすための筋肉を鍛えられるのか?

と言えば答えはNOです!

 

 

また、プールでウォーキングも体重が減るかといえば

そうでもない方が多いです。

負荷はそんなにかかりませんから。。。

 

*また、塩素で体が冷える(東洋医学的に)方がいるので気を付けてください!

 

 

そもそも、体重が減っても痛みが改善しないこともあります。

=体重が重いのが原因ではない場合があります。

 

 

 

膝痛の根本改善を望むなら筋トレは必須だと思います。

 

なので、膝を安定させる筋肉をしっかりと鍛えた方が良いと思います!!

 

足裏、足首回り、股関節、腰、肩、腕。。。

 

いろいろありますが

影響する場所をしっかり調べ、トレーニングを行った方が良いでしょう!

 

 

ご興味のある方は、一度ご相談下さい!

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください