膝の軟骨がすり減ると痛い? / 埼玉川越

 

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

 

変形性膝関節症はよく

軟骨が磨り減るので痛みがでる!

と言うので

すり減る軟骨自体に痛みが出ていると思われている方がいますが

軟骨には神経が無いので、軟骨自体が痛いわけではありません。

 

正確には、軟骨がすり減る事で滑膜という部分に炎症が起きます。

炎症が起きる事で体はそれを感知し治そうとします。

 

なので、炎症はよく悪者扱いされていますが

実は、身体を直そうとするプロセスの一種なんです。

 

そう考えると

炎症反応を止めるというのは、治すプロセスを止めているようなもの。。。

場合によっては治りが悪くなる事も。。。

 

 

かと言って

炎症をただ放っておくのも辛いので

炎症が鎮まる方向へもっていかなければいけません。

 

痛みが強ければ、一時的にでも薬や注射で楽にした方が良いと思います。

ただ、問題なのは、何度も痛みがある場合です。

 

何度も痛みが出るという事は、体の使い方が間違っているんです。

知らず知らずのうちに軟骨に負担をかけているという事。

 

この負担を無くさない限り、

水を抜こうが

注射をしようが

マッサージしようが

整体をしようが

筋トレしようが

 

膝の痛みは繰り返します。

 

では、なぜそこに負担をかけているのか?

を考えなければ根本的解決は難しいです。

 

 

膝周辺をほぐしてもらっても

足首を調整してもらっても

股関節・骨盤を調整しても

 

改善しなければ、上半身に原因があるかもしれません。

 

頭の位置

肩が内側に入っていないか?

猫背になっていないか?

腕がパンパンではないか?

疲れると頭痛や歯が浮いたりしてないか?

 

などは一見関係無いようで実は関係しています。

 

なので、なかなか改善しない膝の痛みで

上半身までみてもらっていないようでしたら

一度ご相談ください!

 

改善する可能性が高いです!!

 

では

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください