膝の負担を減らすためのダイエット 脂肪 / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は脂肪について

 

脂肪は多くの方が摂ると太ると思っていると思いますが

生理学上は太らないとされています。

 

なぜ太らないか?

必要以上の脂肪は吸収できないようになっています

 

では、必要以上の脂肪がきたらどうするか?

・胸やけをおこし警告する

・下痢をして強制排出したりします。

 

そうする事で必要以上の脂肪(基礎代謝で消費される量)は吸収しないようにするので、脂肪で太る事はありません。

 

といっても

痩せたいのであれば、ある程度の脂肪の摂取量を減らすことは必要です。

 

なぜなら、必要な脂肪の量が摂取できなければ、在庫(体内)の脂肪をエネルギーとして使うからです。

 

毎日、しっかり必要量をとっていると、在庫の量が減っていきませんよね?

 

あくまで、在庫を減らしたいのであれば、ある程度控える必要があります。

 

なので、調理する時、食べるとき(ドレッシング)には、少しあぶらを控えましょう!

 

但し、あぶらを控えすぎると、細胞膜などの材料が足りなくなるので、肌がカサカサになってしまいますのでご注意を!

 

また、ホルモンなどの材料にもなるので、

女性の場合は、

 

生理が来なくなったり

生理周期が不安定になったり

更年期症状がひどくなったり

 

しますので、控えすぎは注意しましょう!

 

では

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください