靴がすり減ったままの物を履いてませんか? 埼玉県川越市

自分の体自分で治す!!

抜いて溜まる膝の水

関節を整えるトレーニング根本改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないと諦めていませんか?

 

埼玉県川越市で膝の水による痛み変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「靴がすり減ったままの物を履いてませんか?」について!

 

あまり意識されていない方が多いかもしれませんが

履物は重要ですよ!

なんて言ったって

足もとは体にとって土台ですから!!

 

土台がゆがんでいたら

せっかく関節や骨格を整えたとしても

足元から崩されていきます。。。

 

施術を受けたときは軽いけど

歩いて自宅に帰るころには痛みが出ている・・・

なんて事も起こってしまいます。

そういった経験ないですか?

 

なので、そういった事にならないように

自分の一度靴をじっくりと見なおしてみてはいかがでしょうか。

 

かかとの外側が擦り減っていたり

内側が擦り減っていませんか?

膝に痛みがある方の靴は

何らかの形でゆがみが出ている場合が多いです。

 

 

また、パッと見た感じ

そんなにゆがみなどが無い場合でも

実際はゆがんだ足の形に靴は馴染んでしまっている事がほとんどです。

 

よく分かるのが

人の履き物を間違って履いた時!

違和感をものすごく感じますよね?

あの感じです!(笑)

 

 

当店の会員さまでも

関節を整えてから靴を履くと

ゆがんでいる感じが良くわかるとおっしゃる方がいます。

 

それは靴だけでなく

家のスリッパだったり

履き物はすべて何らかの形でゆがんでしまっていると思います。

 

試しに家の誰かのスリッパを履いてみても良いかもしれませんね。

 

 

そういったゆがんでしまった靴は残念ながら

履かない方が良いと思います。

 

ソールを変えてという方もいらっしゃいますが

上の部分がゆがんでしまっているケースが多いので

あまりお勧めは致しません。。。

 

 

かと言って

骨格にゆがみがある状態で、底の硬い靴に買い替えると

かかとが削れていない分

あたって衝撃が膝や足にきます。

 

そのせいで膝がいたくなったり、疲れやすかったりしますので

買い替えるなら、まずはスニーカーなどのソールが柔らかい物からの方が良いと思います。

 

治療を始めると同時に、靴も買い替えてみると良いのではないでしょうか?

 

そのあたりのタイミングは

受けている治療院の先生に相談してみると良いでしょう!

 

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください