鍛えるのは弱い筋肉であって、強い筋肉ではない! 埼玉川越

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回「鍛えるのは弱い筋肉であって、強い筋肉ではない!」について

 

ひざ痛を改善するのに大切なのは

弱い筋肉を鍛えるのであって、強い筋肉を鍛える事ではないんです。

 

それなのに、ひざ痛の筋トレといえば

大腿四頭筋が良く指導されます.

 

大腿四頭筋は、足の中でもよく使う筋肉の一つです。

ももの前が細くて、内側やももの裏がしっかりしている人って

見たことがありますか?

 

私は見たことがないです。

それなのに、ももの前(大腿四頭筋)を鍛えるても

改善するはずがないです。

 

 

足で使われにくい筋肉は、

腓骨筋や後脛骨筋

内転筋やハムストリングス

大腰筋などが使われにくいです。

 

 

これらの筋肉をまずはしかりと鍛えたほうが

良い結果が出やすいです。

 

 

 

ただ、その人の足の使い方などで

弱くなる筋肉は違ってきますので

知っている方にチェックしてもらった方が良いでしょう。

 

弱い筋肉は一つではないかもしれません。

二つ、三つあるかもしれません

 

内転筋、ハムストリングス

大腰筋などのやり方は

動画や本を調べると出てくるので

試してみてください。

 

どれも出来るだけ単独に近い感じで

しっかりと力を出し切ることです。

 

軽くやっただけでは変化は少ないで

しっかりとやってみてください

 

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください