見えにくい部分で差がついている 埼玉川越

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善&予防!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「見えにくい部分で差がついている」について。

 

先日、大谷翔平選手も実践していた「目標達成のための技術」

という原田先生のセミナーに参加してきた中で

印象に残った言葉の一つに

 

『 結果はやる前から決まっている。』

 

今更ながらの言葉かもしれませんが印象的でした。

 

心理学的にデータをとっても

自信がある状態でおこなうと80%の確率で上手くいき

自信がない状態でおこなうと60%の確率で失敗するそうです。

 

だから、自信を持って行えば良いだけ!

と思いますが、そう簡単に自信って持てますか?

持てる方もいると思いますが、多くの方は自信を持てないと思います。

 

ではどうするかって話です。

自信を持つためには、

自己肯定感、自己効力感をもつことだそうです。

 

自己肯定感…「自分は大切な存在だ」と感じる心の感覚です

自己効力感…「自分はできるといったセルフイメージ」

 

ムムム。。。

現段階ではうまく説明もできない。。。

 

また、今月末に「原田隆史先生の目標達成する技術」を学んで

きますので、理解できたらお伝えしたいと思います!!

 

ただ、セミナー中もおっしゃっていましたが

 

目標を達成するためには

1、文字にして書くこと

2、言葉にして話す事

3、イメージする事

ことがやはり大切だと言われていました。

 

できるだけ具体的に

膝の痛みがなくなったら何をしたいか

その時はどういう気持ちか

 

という事を紙に書くと良いでしょう。

紙に書けないのであれば、言葉にして話すのでも

イメージを朝・晩するだけでも違ってきます。

 

また、その時

プラス思考、ポジティブな思考・イメージを

持ちなさいと言いますが

 

プラスの思考を持つだけではダメで

そこに行動をプラスして頂きたいのです。

 

プラス思考 × 行動

 

単に願っていて、

 

行動しない

勝手に良いことが舞い込んでくる

 

と思っている方が多いようですが

 

何も行動しなければ

何も生まれません。

 

一歩を踏み出すためにも

行動を起こしましょう!!

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください