膝を触らなくても膝の痛みはとれる 埼玉川越

  痛みの変化が無ければ全額返金します

「え?!」 膝が痛い原因は 腕が原因だったんですか?


あなたのなかなか治らない膝は、上半身の疲れが原因かも?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

ほとんどの方が「え?!」と驚きます。

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今日は、膝を触らなくても、膝の痛みはとれる について。

膝を触らないのに?!

と思う方もいると思いますが、

実際全てではないですが、痛みは取れる方も多いです。

 

なぜ?と思われるかもしれませんが

膝は良く言えば調整役?のような関節です。

 

大きな関節の股関節と地面に接している足首の間にあり

ある程度自由度が利きます。

 

なので、この二つの関節がゆがむと直ぐに影響を受けます。

 

股関節や足首の影響を受けて少しゆがむ(ねじれる)ならまだ良いのですが

ゆがんだ状態(ねじれた状態)で、体重などがかけられるとかなり大変です。

 

何か棒のようなものを引きちぎる時って

普通に曲げるよりも、ねじりませんか?

 

ねじった方が引きちぎれやすいですよね??

 

それと同じで、ねじられた状態で体重をかけ

膝を曲げると、かなりの負荷が膝にかかります。

その負荷に負けて引きちぎられないように、

筋肉、靱帯、関節包で守っているんです。

 

なので、どうしても膝の周辺の筋肉などに負担がきて痛みがでます。

 

・負担がきて硬くなっている筋肉をほぐしてあげる

・負担にたえられるように筋肉を鍛えてあげる

 

といった発想なので、

 

膝のまわりをほぐす、電気をかける

筋トレする、テーピングする

 

という行為になるんです。

 

 

しかし、股関節や足首の影響を受けているのであれば

 

股関節や足首を調整すべきです。

 

それでも痛みが残っているようなら膝周辺の

治療をした方が良いのでは考えています。

 

膝の半月板損傷や膝の内側側副靭帯を伸ばした痛みなどで

来れた方は、すべての人には当てはまりませんが

膝は全く触らなくても改善はしている方はおります。

 

 

なかなか良くならなくて

お困りの方は一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください