膝を曲げると痛い 埼玉川越

膝の痛み筋トレ改善!

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回は「膝を曲げると痛い」について

 

膝を曲げると痛い場合の原因は

どこかでぶつけた(外傷)、病的な原因をのぞいては

骨がねじれているケースが多いです。

 

蝶番をイメージして頂けると分かりやすいのですが

 

どちらかの蝶番が歪んでいると

扉はキチンと動かなくなりますよね?

 

動きが遅くなったらり

グラグラしたり

音が鳴ったり

最後までしっかり開いたり閉じたりしなかったり

 

人間の関節も扉と同じで

関節が歪むと膝の動きが悪くなります。

 

もしかして

膝を曲げると痛む前に

 

膝がコキコキ鳴ったり

ちょっと違和感があったり

長時間歩いてみたり

 

そういった事は無かったでしょうか?

 

扉と同じで原因がなく痛むことはありません。

使い過ぎによるものかもしれませんし

使い方が悪いのかもしれません。

 

どちらにせよ、痛むという事実はあるので

改善していかなければいけません。

 

 

ではどうやって改善するのか?

 

そもそも、なぜ関節が歪むのか?

 

という事を考えると

関節にくっついている筋肉が

伸びたり、縮んだりしてバランスが悪くなっているから歪むんです。

 

ちょうど、ブランコで片方の鎖が短くなっているような感じです。

 

その鎖をほぐして長さを揃えるのも一つですが

それでは治らない方が多い。。。

 

 

それはほぐしてもまたすぐ硬くなるからです。

 

他人の力によって筋肉をほぐすのではなく、

自分のちからで筋肉を動かしてほぐすのとでは

意味が違います。

 

なので

自分で動かす=「筋トレ」

が、かなり効果的になります。

 

ただ、整形外科などで配られる

筋トレとは全く違います。

 

狙っている筋肉が違います。

原因となる筋肉をしっかりと鍛えてあげれば

確実に変化はあります。

続けて様子をみてましょう!という言葉は出てこないです。

 

これをやっておけば良くなるのでやっておいて下さい!

となります。

 

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください