膝の痛みを我慢すればするほど、他の場所に負担がくる 埼玉川越

痛みの変化が無ければ全額返金します


歳だからある程度仕方ないんでしょ?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今日は、膝の痛みは、我慢すればするほど、他の場所に負担がくる について!

 

これは膝の痛みだけではなく、色々な痛みに対して言える事で

もしかして多くの方が経験しているのではないでしょうか?

 

痛みのある場所をかばう事で

いつもと違うところへ負担がかかります。

 

例えば、膝であれば

反対の脚のももの外側などに負担がきやすいです。

それが長引けば長引くほど、疲労も蓄積するので

だんだんと痛みに変わってきます。

 

気が付けば腰が痛くなってきたり

背中全体が硬くなったりします。

 

そうなると

膝の痛み以外の症状に対しても治療をしなければならないので

時間とお金がかかります。

 

であるならば、膝が痛い時に早めの治療をした方が良いのですが

なかなか皆さんそうはいかないみたいですね。

 

ま、私もそうですが

いつか良くなるのでは?

と心のどこかで思っているんですね。。

 

実際に良くなれば、その場では良いのですが

痛くなる原因があるので、それを改善しないかぎり

また、痛くなる可能性は高いです。

 

 

痛みが出る、痛みが引く、痛みが出る、痛みが引く

という事を繰り返しているうちに

だんだんとその間隔が短くなり

そのうち常に痛い・・・という事になってしまいます。

 

腰痛の方はこのパターンですね。

腰痛が慢性的になり、ぎっくり腰を繰り返す。

 

そうならないためにも

早め早めの対処をした方が良いでしょう!

 

自分の体は自分で守る

 

では

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください