膝の痛みの原因を探すためにいろいろと検査をする 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛でも、初回から変化が分かる!

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

 

自分の体重や、手で抵抗をかけながらしっかりと必要な筋肉を狙って鍛える。

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

膝の痛みだけではなく、

色々な症状に関して共通しているのですが

 

検査兼トレーニングを色々と行います。

 

そこで、ある程度痛みの原因を探し当てないことには

下手な鉄砲も数打ちゃ当たるになってしまいます。

 

なので、色々と検査をします。

 

また、痛みの原因が1つという事は少なく

いくつかの原因が重なって症状となっている事も多いです。

 

例えば

今の痛みを100とし、痛くない状態を0とすると

Aを調整すると 痛みの40%減る(残60%)

Bを調整すると 痛みの20%減る(残40%)

Cを調整すると 痛みの30%減る(残10%)

Dを調整すると 痛みが0になる

 

といった感じです。

 

A、B、C、Dの全てを検査することさえ

知っていれば痛みは0にできます。

 

これがA、Cを検査しようと思わなければ

40+30=70%の痛みは改善できなくなります。

 

このA、B、C、Dに上半身が入ってくることが結構多いです。

 

実際に受ける会員様も

膝が痛いのに、腕を触り始めると

「痛いの膝んなんですが・・・」

とおっしゃる方もいます。

 

それくらい、皆さんの中では

上半身が関係しているとは思っていないんですね。

 

だからなかなか膝の痛みが改善しない方がいるのです。。。

 

 

かと言って、

 

精神的な原因

内臓が原因

電磁波が原因

 

の場合はまた改善しないのですが

 

1つ1つ消していくことで

原因が絞れるので、あとはそれを改善できる

何かがあればOKですよね。

 

なので、検査をしっかりと行うことが大切ではないかと思います。

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください