膝の痛みの原因は炎症が原因って… 埼玉川越

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「膝の痛みは炎症が原因って・・・」について

 

「膝の痛みの原因」

という感じでネットを検索すると

 

『軟骨が削れたから痛いのではなく、

滑膜(かつまく)に炎症が起きるので痛みが出る』

 

というような内容の文章がありました。

という事は、原因に対して適切な処置を施せば

痛みは治りますよね?

 

なので、「痛み止め」や「炎症止め」

と言った物で

炎症を止めてみたり、痛みそのものを止めようとしたり

します。

 

 

その結果、痛みが治まるのか?

というとそうでもないですよね?

 

という事は、「炎症」は

原因ではなく

結果なのです。

 

結果的に、膝に過度の負担がかかり

炎症を起こしているのです。

 

どの部分が、どういった状態で炎症を起こしている

かどうかは関係ないのです。

 

例えば、

靱帯を損傷している…とか

半月板を損傷している…とか

骨の隙間がせまくなっている…とか

 

これらは結果なのです。

 

では、なぜ

損傷するんですか?

内側だけで外側は?右側だけで左側は

なぜ損傷していないのですか?

 

健康な部分と比較し、なぜこの部分だけがそうなっているか?

を考えるべきです。

 

 

それらの原因を突き止めない限りは、

何度でも

何処の部分でも

同じことが繰り返されます。

 

では、原因はどこですか?

と聞きたくなると思いますが

こればかりは

 

検査をしながら調べるしかないです。

 

なので、検査の数が必然的に多くなると思います。

 

本当に身体に触れただけで、

体の情報を読み取る先生もいらっしゃるので

絶対ではありませんが

 

検査はかなり必要です。

 

ただこの検査というのは

治療も兼ねているものが多いので

検査して痛みが減っていたら

それ自体を繰り返すか、それに関連した事を行うので

確実に痛みが改善します。

 

また、原因が分かると予防策もとりやすいので

再発しにくくなります。

 

適当に、これをやっておいて

ではないです。

 

結果ではなく原因に焦点を当てましょう!!

 

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください