膝の水を抜いてもまた出てくる 癖になる? 埼玉県川越市

自分の体自分で治す!!

抜いては溜まる膝の水

関節を整えるトレーニング根本改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないと諦めていませんか?

 

埼玉県川越市で膝の水による痛み変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「膝の水を抜いてもまた出てくる 癖になる?   」

膝の水を抜くと癖になりますか?

という疑問を持っている方が多いですが

 

水を抜くことが癖になるのではなく、

水を抜いてもまた出てくるような状態になっている

事が問題なんです!

膝の水がなぜ出てくるのかというと

膝の水はもともと軟骨に栄養を与える役割と

お関節を滑らかに動かすための

潤滑油のような役割があるので少量はでているのです。

 

それが、膝の関節が炎症を起こすことで過剰に生産され

結果膝が張れるほど出てしまうんです。

 

なので、膝の炎症を抑えれば

自然に水は収まっていきます。

 

ひざの炎症が起こる代表的疾患は

変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、痛風、、外傷性膝関節炎

などがあるそうですが

 

変形性膝関節症は骨格のゆがみや

膝の使い方に問題があるので筋トレで痛みの改善は可能です。

 

リウマチや痛風は、あまりしられていませんが

栄養不足による場合が多いので栄養指導が必要です。

 

外傷性膝関節は、外傷によるものなので

何とも言えませんンが、筋肉バランスが崩れていることによるものでしたら

バランスを整えてあげる事で

ある程度は対処できるかもしれません。

 

ひざがなぜ炎症を起こしているのか?

によってそれぞれの対処法を知っていれば

ある程度は対応可能かと思います。

 

水を抜く、湿布するなどは

一時的な事が多いので

根本改善を望むならトレーニングはお勧めです!

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください