膝の内側の痛みの原因は? / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

膝の内側の痛みを訴えている方が非常に多いと思います。

 

これらの原因は、何かというと

筋力低下によるものです!

 

普段から太ももの外側を使って歩いていませんか?

猫背気味の姿勢で歩いたりしていませんか?

 

 

 

 

 

これら体の使い方では太ももの前と横の筋肉を使っていて

内側の筋肉を上手く使えていません。。

 

使えていない=筋肉に刺激が入らないので弱くなる

弱くなると膝を支えきれなくなるので

膝が痛くなる。

 

膝が痛いと筋力が低下するので

また支えられなくなる・・・

 

負のスパイラルに入っていきます。

 

そのうち、靱帯、半月板を損傷するか

骨が耐えようと骨を強くしようとし骨棘(こつきょく)ができます

 

 

これらの痛みは、膝が悪いのではありません。

負担をかけている動作・姿勢が良くないのです。

 

まずは動作・姿勢を改善しながら

筋力をつけていくのが良いでしょう!

 

 

ちなみに、姿勢の良い歩き方とは

下の写真のように(ちょっと完全ではありません。)

 

前脚と後ろ脚が直角三角形をつくる歩き方です。

この時の後ろ脚の膝は伸びています。

 

 

 

この歩き方だと、内もも、お尻、足の裏を使っているのが分かります。

 

しっかりとしたフォームで歩くだけで

いろいろな筋肉を鍛えられます。

 

 

毎日いろいろトレーニングをやるのが面倒な人は

歩き方を意識してみましょう!!

 

何か気になる事がありましたらご相談ください!

 

では

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください