膝が痛い脚と反対の脚の痛い /埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みをを改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は、膝が痛い脚と反対の脚の痛みについて

 

今日来られた方は右ひざの半月板を損傷しており

山登りをするたびに膝が腫れ上がるのですが、

実は、逆側の太ももの裏も普段からずっと痛かったそうです。。。

 

私は正直それを聞き逃していたのですが

検査結果から、左のもも裏だけは伸ばして下さい

そしてお尻をできるだけ鍛えて下さい!

と宿題をだしていたんです。

 

そして、その宿題をコツコツ行っていたら

 

いつの間にかもも裏の鈍痛が無くなっていたみたいです!

 

ご本人も

あれ?そういえば痛みが無い・・・

とすぐには気付かなかったそうです。

 

脚のバランス・使い方が悪くて膝が痛くなるのか

膝が悪いから脚のバランスが悪くなるのか・・・

 

どちらもあるとは思いますが

 

ま、この際良くなったのでどちらでも良いのですが¥

 

もし、このももの裏の痛みを引き起こした原因があるのなら

 

今後、新たな?痛みとして出てくる可能性はあります。。

 

 

新たな痛みと書きましたが

痛みをかばっているうちに、違う場所が新たに痛くなり

 

またそこをかばっていると、また違う場所が痛くなり・・

と増えていくことは多々あります。

 

 

その痛みを改善していくと、今度は痛みが次々にできたパターンとは

逆のパターンで比較的、新しい症状から消えていくことが多いです。

 

そうすると、次から次へと新たな痛み?が出てくるように思いますが、じつは昔痛めていた場所だったりするんです。

 

 

そうやって、一つ一つ痛みを改善していけば

根本改善につながっていくことが多いです。

 

 

なので、また新たに痛みが出てくるかもしれません。

 

が、改善していくプロセスだと思えば

マイナスに捉えることはありませんよね!

 

さて、どうなることやら?

 

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください