腸脛靭帯炎の痛みについて 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

 

自分の体重や、手で抵抗をかけながらしっかりと必要な筋肉を狙って鍛える。

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今日は、腸脛靭帯炎の痛みについて。

 

腸脛靭帯炎というのは大腿筋膜張筋という筋肉が

過剰に働きすぎて、膝の外側に痛みがでる症状です。

 

多くの治療家が

痛みがある

過剰にはたき硬くなっった筋肉をほぐす

ほぐれるので痛みが無くなる

またすぐ使うのでかたくなる。。

 

という方が多い。

 

 

 

当店では、

なぜそこが痛くなったかを考えます。

 

恐らく、腸腰筋、内側ハムストリングという筋肉

が働かないことによって

 

大腿筋膜張筋が頑張りすぎているので

 

ますやるべきは

腸腰筋と内側ハムの筋トレ!

 

これらをしっかりと行って

良い膝生活を送ってください!

 

では

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください