結果的に痛いのなら、結果的に良くなる 埼玉川越

痛みの変化が無ければ全額返金します


歳だからある程度仕方ないんでしょ?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今日は

結果的に痛くなるなら、結果的に良くなる

について

 

 

まず最初に骨について考えてみましょう!

 

よく考えればわかる事なんですが

骨はひとりでに勝手に動きません。

理科室にあった骨の模型を思い出していただければ分かると思います。

 

え?! 動くよ!!って方がいたとすれば・・・(怖い)

 

基本的に骨だけでは動けません。。
(重力によるものは置いておきます。。)

筋肉に引っ張られて動きます。

 

また、筋肉、靭帯、関節包(関節にある袋)などで

簡単に骨がズレないようにもなっています。

 

そうやって、

しっかりと骨(関節)っは守られているはずなのですが

 

よく、歪んでる、ズレてる!って聞きますよね?

 

 

本来歪んだり、ズレたりしないはずの関節が

歪んだり、ズレたりしている状態というのは

実は、筋肉、靭帯、関節包、などに相当負荷がかかっているんです。

 

 

なのでこの状態が長ければ長いほど

筋肉などに相当なダメージがあります。

 

その負荷に耐えられず傷ついた場所が

痛み

として症状がでるんです。

 

膝が痛い

背中・腰が痛い

肩が痛い

など。。。

 

 

なので、結果的に痛みが出た場所に対して

 

痛み止めの注射や湿布

テープなどで補強

ヒアルロン酸をいれてみたり

マッサージでほぐしてみたり

 

しても、

根本的改善にならないんです。

 

 

ではどうすれば良いのか?

初めに骨は単独では動けないと言いました。

逆の言い方をすると筋肉で動かすことができる

ということです。

 

であるならば、

弱った筋肉を鍛えてあげれば

本来の筋肉バランスにもどることで

骨が正常な位置へと戻ります。

 

そうする事で、結果的に 痛み が無くなります。

 

結果的に出た痛みは

結果的になくなるのが自然なのです。

 

痛いところを治療したい気持ちは分かります。

 

そうする事で痛みが減る事もあるので

それらを否定はしません。

 

が、根本的に改善しようと思うなら

原因を追及し、原因個所に対して

何らかの施術やトレーニングをすべきです。

 

特にゆがみやズレを直し、本来の位置をキープさせるには

筋トレが必要です。

 

 

そしてバランスが取れたことにより

結果的に痛みがとれるのです。

 

なので、膝が痛いのに

腕をほぐし上半身トレーニングでバランスを整えたことで

結果的に膝が楽になったりするんです。

 

もし、

なかなか膝の痛みが改善しなくて困っている

根本的に改善したい

と思うなら一度ご相談ください。

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください