立っている時、足の小指側に体重がかかっていると膝が痛くなる 埼玉川越

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善&予防!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回は「立っている時、足の小指側に体重がかかっていると膝が痛くなる」について

 

立っている時に、足の裏のどのあたりに体重がかかっているかわかりますか?

 

普段はそんなに意識しないと思いますが

意識してみていください。

 

 

小指側に体重がかかっているなら

おそらく外反母趾の可能性が高いです。

 

外反母趾はつま先のとがった靴を履くとなるのでは?

と思っている方がいますが

 

基本的には、足の指を使わないからなるんです。

特に歩いている時に使うのに

 

小指側に体重がかかっているようだと

親指は使われていないので

使う機能がだんだんと衰えていきます。。。

 

また、小指側に体重がかかっていると

だんだんと、かかとの外側が削れていきます。

 

 

そうなると、履くたびに

靴によって悪い矯正をさせられているので

より小指側に体重がかかります。。。

そうすると、また小指側に体重がかかり

かかとの外側が減って。。。

あとは負のスパイラルです。

 

そういったことが繰りかえされ

上の写真のように足首が歪みますm[

 

足首が歪めばその上にある

膝がその影響を受けます

 

 

また、足の指だけの問題ならまだ?良いのですが

内またになっているのであれば

写真のように足全体がねじれていきます。

雑巾のように絞られるので

ひざ痛になりやすいです。

 

 

外反母趾だけど、今はまだ出ていないので大丈夫!

と思わないでください。

 

関節は消耗品だと思った方が良いです。

 

痛みが出ていない間に

改善されたほうが改善しやすいです。

 

そのためには

まず、足の指を使いましょう!

 

具体的には

下に落ちている物を足の指でつかむ練習をしましょう!

ただ単にグー・チョキ・パーをするのではなく

しっかりと何かをつかみましょう。

 

足には、つかむという機能があり

その機能が使えるようになることが重要ですので

 

まずはしっかりとつかむ練習をしましょう!

 

あ、あと外側が減りすぎた靴は替えた方が良いです!

では

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください