痛みは早期申告、早期治療が必要 埼玉川越 

痛みの変化が無ければ全額返金します


歳だからある程度仕方ないんでしょ?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

暑い日が続きますね。

クーラーの効いた部屋にばかりいると冷えすぎて

体調が悪くなりやすいので注意してくださいね!

 

今日は早期申告、早期治療について

 

男の子なら少しくらいの痛みなら我慢しなさい!

というようなものがまだまだ残っているのでしょうか?

 

痛みをすぐに訴える、伝える、申告する?

ことを行わないのは、そういった考え方だけでなく

そうせざる負えない現状があるようですね・・

 

 

人間の体は道具と同じで

使い方が良ければ長持ちしますし

使い方が悪ければ何度も修理するようです。

 

何度も何度も修理するうちに

部品自体が修理できない状態になってしまう可能性があります。

修理できないとどうなるか。。。

 

場所によってはパーツの交換になります。

 

パーツの交換までいってしまうと

大掛かりな事になるので

できれば避けたいですよね。

 

 

本来、動物としてそうならないように

痛みというサインで教えてくれます。

 

何度も何度も痛みのサインを出しているのに動く。。。

そのうち壊れてしまうかもしれないという事で

常に痛いという状態にして何とか動かなくさせようとします。

 

もともと痛みは体を治すためのサインなんです。

 

痛みで動けなくし、そこで修復・回復が行われます。

しかし、多少の痛みなら我慢できる。

じっとしていられない

などの理由で動いてしまうので

皆さんひどくなるんです。

 

 

少し休めば痛みは治まるから。。。

と思いかもしれませんが、

それが間違いのもと。

 

使い方が悪い状態で使い続けて

良くなるはずがない。

 

回復力があって痛みは一瞬消えるかもしれませんが

また負担が掛かれば痛みは必ず出ます。

 

 

治療の基本は

早期発見、早期治療です。

 

早く治した方が、時間もお金もかかりません。

時間とお金だけなら良いですが

貴重な体験まで奪ってしまうかもしれません。

 

 

特に高校生など、スポーツをやっている子供は

休むとレギュラーを外されてしまうという恐怖から

痛みを隠して、我慢してプレーをしている子が凄く多いと聞きます。

(実際プロも同じような話を聞いたことがあります。。。)

 

その時は良くても・・

その時が良ければ・・

 

難しい判断かもしれませんが

少し痛みが出た段階で対処すれば、大ごとにはならないので

そういった痛みに対してすぐに申告できる、

その後もサポートできる環境作りが大切なのではと思います。

 

早期申告、早期治療です

 

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください