痛みがあった方が原因が分かりやすい 埼玉川越

  痛みの変化が全く無ければ全額返金します

「え?!」 膝が痛いのは 腕が原因だったんですか?


あなたのなかなか治らない膝は、上半身の疲れが原因かも?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

ほとんどの方が「え?!」と驚きます。

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回は「痛みがあった方が原因が分かりやすい」について。

 

トレーニングで膝の痛みを改善すると聞くと

あなたはどういうイメージをお持ちですか?

 

もしかして、痛いひざをガシガシ動かしたり運動させるイメージですか?

それとも、スクワット!!とかさせられるイメージですか?

 

痛みを改善するトレーニングは

寝ながら行うトレーニングがメインです。

寝て頂いたままで、私が手により負荷をかけますので

それに耐えるような形になります。

 

なので、重たいものを持ったり

ガシガシ動くような事は致しません。

 

痛みの確認のために、痛い動作はして頂くことはありますが

基本的に痛い動きは良くないので行いません。

 

一つ一つ検査をしながら

弱い筋肉・こっている筋肉を検査していきます。

 

 

この検査というのは、実は単なる検査ではなく

実際に筋肉に負荷をかけるのでトレーニングにもなっています。

 

なので、検査をしながら改善も同時進行なのです。

 

 

もし、その筋肉を鍛えて痛みが改善したならば

その筋肉が弱っているのが原因で痛みが出ているので

その筋肉をしっかりと使えるように

 

トレーニング法と生活動作の指導をします。

 

もし、コリをほぐすことで痛みが改善したならば

そのコリが原因でバランスを崩しているので

その筋肉のストレッチやほぐし、動作の改善を指導します。

 

 

なので、痛みがあった方が痛みの原因がわりすいですね!

なぜそこに痛みがおきているのか?

どうすれば再発しないか?

を考える上では痛みがある方原因究明しやすいです。

 

 

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください