痛い膝をテーピングでがっちり固定 埼玉 川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

先日、お昼を食べにお店に入った時の事です。

 

大きな体の男性が左右に体を揺らしながら、お店に入ってきました。

少しびっこを引くような感じだったので

直ぐに膝がわるいんだなとと思いました。

 

 

膝をみると痛々しいくらいにテーピング(キネシオ)が膝に施されていました。

 

テープも少し端がはがれかけているような部分もあり

そろそろ交換するタイミングかなと。

はがれてくるような状態のものを貼っていてもあまり効果はないですから。

 

ただ、私も以前整骨院で働いている時に良く

患者様にキネシオテープ等を貼っていましたが

 

貼っていることによる安心感で

ボロボロになってもそのままにしている方もいらしたので

何ともいませんが。。。

 

 

しかし、テーピングはサポートや循環を促す目的などがあるので

貼って楽になればそれで良いですが、

楽にならないようなら取ってしまっても良いかと思います。

 

 

皮膚の弱い方などは長時間貼っていると

かとぶれてしまう方もいらっしゃいますので。

 

その辺りはテープを貼った先生に説明はされていると思いますが

恐らく貼っている方が気分的にやはり楽なんでしょうね。。

 

 

 

基本的にテープの性質上

 

筋肉をサポートする

循環を良くする

 

のであれば、筋疲労・筋力低下などが考えられるので

ゆくゆくは鍛えてあげた方が良いでしょうね。

 

ただ、痛い時に膝を動かす運動はしたくないと思いますので

膝以外の部分からしてあげるとトレーニングに対する抵抗が無くなってくると思いますので

少しずつでも良いので体を動かすことをしてみては良いのでは。。。

 

と思った出来事でしたが

余計なお世話なのかな。。。

 

では

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください