歩く時に親指で蹴ると膝が痛くなった / 埼玉 川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みをを改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今日は、歩く時に親指で蹴ったら膝の内側が痛くなった方のお話

 

もう20年もまえになりますが

整骨院で働いている時に

ある方の腰痛は、歩き方が原因かな?と思い

その方に歩き方を指導しました。

 

かかとから地面について

小指側にいったん体重はかかりますが

 

最後は親指で蹴るような

親指をしっかり使っている感じがあるように

歩いてください・・と

 

また、一直線ではなく二直線上を歩くように

 

とアドバイスさせて頂きました。

 

 

 

腰痛が改善されてるかも!

と次回来られるのを楽しみにしていたのですが

 

 

結果は

 

何だか膝が痛い・・・

何でだろう?腰からきてるのかな?

 

と。。。

 

その方に、普段慣れない親指側の筋肉を使ったので

痛くなったのかもしれません。。。

すみません。

 

と素直に謝った記憶があります。

 

 

この時に、この方のおかげで親指を使い過ぎても

膝が痛くなる事があるんだと学ばせて頂きました。

 

その後、歩き方を止めたら膝の痛みは出てこなかったので良かったですが。。

 

 

この経験から、膝が痛い方は足裏も関係するんだと思い

足の裏などをみるようになりました。

 

外反母趾は無いか?

タコや魚の目はないか?

靴の外側がすり減っていないか?

 

などなど。

 

 

こういった経験をいろいろ積んでいくことで

 

今では上半身も調整しないと改善しない方が出てきました。

 

 

 

初めは

 

腕で?

手首で?

 

なんで?と思っていましたが

今では自分なりに説明はできるようになりました。。

 

本当に人のカラダはつながっているんだなぁ

と思います。

 

 

もし、色々通っているけど膝の痛みがなかなか改善しないなら

一度体験を受けに来てみて下さい。

 

もしかして、上半身が原因かもしれませんよ!!

では

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください