正座した時の膝の外側の痛み 埼玉県川越市

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝を気にせず ゴルフ 旅行 趣味を楽しむために!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「正座した時の膝の外側の痛み」について

 

膝が痛くなるという事は

ある筋肉が硬くなっているという事です。

 

今回は、膝の外側の筋肉が凝っているので

正座をすると強引に引き延ばされるので

痛みがでます。

 

多くの治療家やお医者さんは

その筋肉に対して、ほぐそうとします。

 

昔の私もそうでした。

凝っている筋肉をほぐして柔らかくしてあげれば良いと!

 

それで、痛みは緩和される場合もありますが

根本的には改善されていないので

完全に痛が消えることは少ないです。

 

 

なぜ完全に消えないのか?

 

歩き方が悪いのか?

膝の使い方が悪いのか?

そこの膝を支える筋力が弱いのか?

 

 

なんだと思いますか?

 

答えは簡単で

 

ある弱い筋肉が上手く働けないことで

他の筋肉に負担がかかっているんです。

 

負担がかかっている筋肉=凝っている筋肉です

 

という事は、本当に改善しようと思ったら

負担のかかっている筋肉をほぐすのではなく

 

負担をかけている筋肉を強くすることなんです!!

 

 

そうすれば、凝っている筋肉には負担がかからないので

凝りは自然になくなり、痛みが引いていきます。

 

 

では、膝周りの筋トレだ!

と巷にはいろいろなトレーニングを指導している方がいますが

残念ながらほとんど膝の痛みを改善するほどの効果は期待できません。。。

 

 

ひざ下を伸ばして、ももの前を強くしたり

ももの間に物を挟んで押しつぶしてみたり

膝裏にタオルを巻いた物を置いてそれを押しつぶしてみたり

お尻の筋肉をつけてみたり

 

 

基本的にやり方が間違っていたり

やらなければいけない筋肉を見逃しています。

 

 

一部、膝の痛みが改善する例もあるので

間違っているとは言えませんが

依然効果は期待できないと思います。

 

特に、アスリートなどはこれらのトレーニングで

パフォーマンスが上がるのだろうか?

 

外側の筋肉であれば○○

内側~裏にかけての痛みであれば◇◇

 

というようなパターンがある程度きまってますので

そこをトレーニングしてあげればすぐに効果は表れます。

 

今回の会員さんも

直ぐに痛みはとれました。

 

「えーなんで?」

 

とおっしゃっていましたが、そんなもんなんですよね(笑)

 

ただこれは私が凄いのではなく

見つけて方が凄い(大先生です)のです!!

 

何でもそうなんですが

知っている方に習うのが一番早いです。

 

あなたの膝の痛みはどこが痛いですか?

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください