垂れたお尻と膝痛 埼玉川越

痛みの変化が無ければ全額返金します


歳だからある程度仕方ないんでしょ?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今日は、垂れたお尻と膝痛の関係です。

 

 

一見、何も関係なさそうですが

実は関係なくはないんです。

ちょっと微妙な表現ですが(汗)

 

どういう事かと言うと

お尻が垂れている=股関節が上手く使えていない

股関節が上手く使えていない=膝に負担がくるからです。

 

股関節がうまく使えていないと

太ももの筋肉やふくらはぎを使い始めます。

 

特に、太ももの前や太ももの横の筋肉です

 

そうすると何か動作をする時

しゃがむ

立ち上がる

走る

階段を昇る

などいろいろな動作を膝を中心に行おうとします。

 

しゃがんだり、走ったりと

普段よりも体重がかかった状態で

曲げたり、ねじったりすればどうなるか?

 

膝の関節は、かなり冷や汗をかいているはず。。。。

 

 

初めはのうちは筋肉で何とかサポートしますが

そのうち筋肉でも支えきれず。。。

 

結局、軟骨がつぶれてきたり、靭帯が損傷したり

骨の間隔が狭くなったり。。。

 

 

もともと微調整で使われる分には良いのですが

メインで使う関節ではないのです。

 

いくら鍛えているからと言って

膝の関節の周りが太い人いませんよね?

 

どう考えても

股関節の周りの筋肉(お尻、太ももの付け根)の方が大きいですよね。

 

 

体の構造上、無駄な事はしません。

大きい筋肉をしっかりと使ってあげましょう!

 

そのためには、

しっかりと股関節をつかう練習=トレーニングを

していかなければいけません。

 

まずは、横になって感覚から鍛えていく方が無難だとおもいます。

いきなりスクワットをしてもももの前ばかり鍛えることになるので!

 

クラムなんかで検索すると出てきますよ。

 

しっかりとお尻に刺激をいれていきましょう!!

では

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください