上達したければ、動作の意識を変える

ひざの痛みや不調筋トレ積極的改善!

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝を気にせず ゴルフ 旅行 趣味を楽しむために!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「 上達したければ動作の意識を変える 」

 

先日会員さんとの会話で

手首が痛いとおっしゃったので

手首が痛いのは、もしかして手の使い方が良くないのでは?!という話になり

 

現代人は、指先で何でもやりすぎで

「小手先の技術」という言葉があるように

何でも間でも感覚が良く動かしやすいからと言って

親指と差し指を使い過ぎるという話をさせていただきました。

 

本来、人差し指と親指は

そんなに動作の中では使うものでありません。

というよっと語弊があるのですが、意識して使うものではありません。

 

ではどこを意識して使うのかというと【肩甲骨】です!

 

ちょっと表現が難しいのですが、

肩甲骨を使うというか

意識を肩甲骨にもっていき肩甲骨から腕や指を動かす意識を持って方が良いです。

 

なので、ゴルフや太鼓、クライミング、打撃など

人差し指や親指を使ってしっかり握っていると肩があがり

上手く叩けないだけでなく肩を壊しますよ!と説明させて頂いたら

 

会員さんが

ドラムを叩くときも実は、親指と人差し指で握っていると音が軽くてダメなんです

背中で叩くようにしないと良い音が出ないんです!!と

 

また、

そういった知識が無くて、上手くならずに困っている人沢山いますよ!

と興奮気味におっしゃっていました。

 

体の使い方からいえば当たり前のようの気がするので

そういった道の指導者も当然経験則から

そう言った指導をされているのかとと思ったら

 

そんな教え方はしてくれないそうです。。。

 

 

 

そういえば、

以前ゴルフのレッスンプロに習っている会員さまが

教え方の合う合わないで、何人も先生を変えていると言っていました。

 

理由は、なかなかスイングの指摘が腑に落ちる先生がいなかったからだそうです。。。

 

そこで私が、軸の作り方だけ教えて

あとは自然に振ってくださいといったら凄く腑に落ちてました(笑)

 

たまたまかもしれませんが、ちょっとしたことなんですよね。

 

多くの方が手の位置がこうとか

細かな指導をするんですが

木を見て森を見ずというか

もっと根本的なところからみればいいのにと思います。

 

もちろん、根本ができていれば

細かな指導でも良いとは思います。

 

しかしそう言った

体の末端(腕や手、膝)の使い方ばかりしどうしていると

ケガを作ってしまう原因にもなりかねないので注意が必要ですね!

 

そう言った事で膝を痛める人もいると思いますので

ちょっと膝がおかしいなぁと思ったら

膝だけでなく体幹部に近い関節を調整してみると良いかもしれません。

 

 

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

初回限定 キャンペーン実施中!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください