レントゲンでは異常なし!でも膝が痛い 埼玉川越

痛みの変化が無ければ全額返金します


レントゲンでは悪くないので

しばらく注射でも打って様子をみましょうか?


整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

原因下半身だけではない!今まで上半身も診てもらいましたか?

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

 

膝の痛い方で、レントゲンを撮っても

そんなに異常がない方がいらっしゃいます。

 

少し間隔が狭くなってますね

注射でも打って様子を見ましょうか。

しばらく様子をみましょうか。

 

などを言われて不安になっていませんか?

 

実際、注射をしたところで改善されるわけでもなく

ひどくなっていく方もいらっしゃいます。

 

 

では、レントゲンでは異常なしなのに

なぜ痛みがあるのか?

 

答えは、レントゲンに写らない物が痛みの原因だからです。

 

写らないもの、それは筋肉が原因になっていることが多い!

 

腰などもそうですが、

 

レントゲンは骨の状態と骨と骨の隙間などを見るには良いですが

痛みの診断をするには少し不得意な感じがします。

 

骨の状態があきらかにおかしければ

手術という手段も必要だと思いますが

 

骨の状態は悪くない・・・

となると

 

注射をうって様子を見る

筋トレして補強してあげるか

日薬ではないけど様子を見るか

 

になってしまいますよね。

 

原因に対して何をしている訳でも無いので

痛みが改善する事はほとんどないのではないでしょうか?

 

むしろ原因が改善されていないのであれば

痛みは治まるどころか

ひどくなっていく可能性があります。

 

当店では、膝の関節に負担をかける原因になっている

筋肉をトレーニングで強化してあげることで

膝の痛みを改善しております。

 

興味がありましたら一度ご相談ください!

 

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください