トレーニングすると胃の調子が良くなる 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

膝・股関節・足首だけでなく肩・腕チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

 

自分の体重や、手で抵抗をかけながらしっかりと必要な筋肉を狙って鍛える。

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

 

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

関東は暑い日が続きますね。

 

そんな中、胃腸が少し疲れ気味になる方がいます。

当店の会員さまも、クーラーの部屋、外、クーラーの部屋、外

を繰り返してちょっとお疲れ気味な方がいらっしゃいます。

 

 

その方に足首のトレーニングをすると

キュルキュルキュルとお腹が動き出すそうです。

 

そして、お腹が重たかったのが楽になるそうです!

 

その会員さまも不思議がっていますが

実は不思議な事ではないんです!

 

なぜ不思議ではないのかと言うと

足首のトレーニングでは、足のすねの部分を鍛えるのですが

そこの筋肉は ” 胃の経絡  ” が流れているんです。

 

 

ちなみに、経絡というのは、

ツボを結んだ線のことで、全身に14経絡あります
(胃経、膀胱経、肺経、心一般的なもの)

 

電車の路線図を思い出して頂くと分かりやすいのですが

ツボ が 駅 (新宿、渋谷、池袋、四ツ谷など)

路線 が 経絡 (中央線=胃経、埼京線=膀胱経など)

 

胃が疲れているなら、胃経(中央線)のツボ(四ツ谷)を押すと

エネルギーが流れ始めて活性化するようなイメージをして頂けると良いと思います。

大雑把ですが。。

 

 

胃の調子が悪くなっても、経絡上の筋肉は難くなるし

逆に、筋肉が硬くなったりすると、経絡の流れがわるくなります。

 

 

なので、コリや痛みは出来るだけ早く改善した方が良いかと思います。

 

疲れたり、凝ってきたと思ったら

 

ストレッチでも、運動でも良いので筋肉を動かしてあげましょう!!

 

 

では

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください