サンダルばかり履いていると、ひざに負担 埼玉川越

膝の痛み筋トレ改善!

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「サンダルばかり履いていると、膝に負担が」について

 

暑い日が続きますね。

暑いと靴とか履きたくないですよね。

 

そんな時便利なのがサンダル。

 

 

 

 

 

 

 

かかとがあるサンダルや

スポーツサンダルとか

最近はお洒落なサンダルがたくさんありますね。

 

ただ、サンダルを履くときの注意点があります。

 

それは、

足の指をしっかりと使いましょう!

という事です。

 

 

足の甲だけで持ち上げるように歩いていると

足首を固めて歩き

足の指を全く使わなくなります。

 

 

そうすると、足の指を曲げるという筋肉が衰えていくために

偏平足になったり、外反母趾になったりします。

 

また、足首が硬くなることで

太ももの前の筋肉を使うようになります。

 

 

偏平足や外反母趾になると

足の裏のアーチがが崩れ、

歩いているときの衝撃を吸収できません。

 

また、太ももの前の筋肉を使いすぎると

膝の関節に負担がきます。

 

そうすると一気に膝に負担が溜まります。

 

筋力や回復力がある時は良いですが

年齢とともに、何かスポーツなどをしたきっかけで

痛み始めることがあります

 

なので、せめてかかとがあるものを履いてください

 

そうすると、足首・足指を少し使えると思います。

 

楽だからと言って

人間本来の機能を落としてしまうようでは

本末転倒です。

 

しっかりと使い分けれるといいですね

 

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください