エスカレーターはなぜ上りばかり… 埼玉川越

膝の痛み筋トレ改善!

痛みの変化が全く無ければ全額返金します

 

整形外科、整骨院、整体、マッサージ、はり、サプリ、注射

いろいろ試したけど…もう治らないとあきらめていませんか?

 

膝のせいで 旅行も 趣味も 諦めないで!

 

埼玉川越で膝の痛み、変形性膝関節症の改善するお手伝いをしております

膝の痛み改善専門パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回は「エスカレーターはなせ上りばかり…」について

 

 

 

今日、都内へ劇団四季のミュージカル「アラジン」を

観に行ってきたのですが

 

地下鉄(B2)から劇場(1F)だったと思いますが

その場所には、上りのエスカレーターはあるのですが、

下りのエスカレーターはありませんでした・・・

 

最近は、都内へはあまり行かないので

どうかわかりませんが

15年前、都内や横浜近辺に住んでいるときは

今回と同様のケースを結構みかけた記憶があります。

 

 

膝など痛くなった経験のない方は

分からないと思いますが

 

これって完全に荷物を持った人のための作り方で

膝が痛い人のための作り方ではないんです。

 

 

膝が痛い人は、上りよりも、下りの方が膝が痛むの

下りにエスカレーターがある方が助かるんです。

 

知ってました?

 

かと言って上りも楽なわけではないですが・・・

 

 

 

どういった意図で作られているか

分かりませんが、結構不自由な人に対する作り方には

残念ながらまだまだされていないようです。

 

 

15程前、私の父が半身麻痺の状態で車いすに乗って

神戸から横浜に来た時

 

結構、駅で苦労した覚えがあります。

 

ほとんど階段しかなく

エスカレーターはあってもホームの端っこにあるし、

スロープも当然ない・・・

 

あの時は結構怒りを感じましたね(笑)

不便すぎると!

 

誤解のないように言わせて頂くと

駅員さんに伝えていれば、当然手伝ってくれますので

感謝はしていますが、もっと気楽に利用できるようになれば

という意味です

 

 

ほんとその人(不自由な人)の立場にならないと

分からない事はたくさんありますよね。

 

 

と偉そうなことを言ってますが

私もそれまでは全く考えたことがありませんでしたから

勝手な感じがしますが・・・

 

 

しかし、公共の場を

不自由な人のために作るのか

楽をするために作るのか

 

人それぞれ立場が違うので

いろいろな意見があると思うのですが

 

できるだけ不自由な人を守ってあげれる

ようになると良いですよね。

 

そういった意味では、

結構、駅構内にエレベーターの設置が増えたように思えることは

すごく良いですね!!

 

 

では

 

  

なかなか膝の痛みが良くならなずお困りの方

一度ご相談ください!

 

 

モニター募集のお知らせ!!

詳しくは 料金システム にて(→ クリック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください