なぜ?上半身で膝が痛むのか / 埼玉川越

なかなか改善しない膝痛は

下半身だけでなく上半身チェック必要

 

関節を安定させる筋力トレーニングにより根本改善を目指す!

埼玉川越で膝の痛みを改善するお手伝いをしております

パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今日はなぜ膝が痛いのに上半身が関係するかについて!

 

体は積み木のような物だと何度か言っております。

腕は特にバランスをとるところで

 

網渡りや平均台の上を歩く時など

両手を広げてバランスを取ろうとしますよね?

 

 

普段立っている時も、実は体は倒れないようにバランスを取っているんです。

 

 

ただ、バランスのとり方は、普段の姿勢により大きく変わってしまいますが。。。

 

 

よくあるのは、腕の使い過ぎにより肩が内に入ってしまい

少し猫背になっている姿勢です。

 

少し猫背にするだけでも、頭の位置が変わってしまい

ももの前に負担がかかってしまいます。

 

ももの前=大腿四頭筋という筋肉に負担がかかると

膝の関節のバランスが崩れるので、痛みが出やすくなります。

 

確かに、膝の周りをほぐしたり、電気をかけたりすると

楽になるかもしれませんが

 

なぜその筋肉が硬くなるかを考えなくてはいけません。

姿勢が悪いからですよね??

 

決して筋力が無いから硬いわけではないですよね??

 

負担がかかって硬くなっているのを

筋力が無いから支えきれないんだ!と言って

ももの前を鍛えるような事をするとどうなるか・・・

 

決して痛みは引きませんよね。

 

あとは、痛みの出る場所、負担のかけている物、

年齢?によって症状名が違うだけ。

 

 

子供で膝の下なら、オスグッド

大人で膝の内側・外側で半月板が痛んでいれば半月板損傷。。。

 

 

 

なので、膝周辺や股関節、下半身をほぐして改善しないのであれば

上半身からきてる可能性があります!!

 

 

頭の位置を変える

猫背を治すなどのことをしない限り痛みは引かないと思います。

 

では

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください